e756b433465c8636f2ce122ed4ef49c8

179: ほんわか名無しさん 2006/07/07 18:09:45
南アフリカのヨハネスブルグからイギリスのロンドンに向かうブリティッシュ・ 
エアウェイの機上でのこと。 
混んだ機内のエコノミー席で、50歳ほどの白人女性が、黒人男性の隣に座ること 
になった。 

彼女は、信じられない、とばかりに憤然と立ち上がると、その場でスチュワーデス 
を呼び出してこう言った。 
「これはいったい何なの!」 
「はい、お客さま、どういうことでしょう?」 
スチュワーデスは彼女に丁寧に聞いた。 
「見ればわかるでしょ? 私を黒人の横の席にしているのよ! 
こんな忌まわしい人の
横に座るなんて、私は到底、承服できません。すぐにほかの席に変えてちょうだい!」「お静かにお願いします」スチュワーデスはこたえた。 
「ただいま席があるかどうか確かめてまいりますので」彼女はいったん引き、
しばらくして戻ってきた。 
「お客様、あいにくエコノミー席に空席がございません。機長にも相談しましたが、
ビジネスクラスにも空きはないとのことでした。ただ、ファーストクラスに一席だけ空きがございます」その女性客は一瞬、安心したような顔を見せたが、スチュワーデスはそれに構わず話を続けた。 
「私どもの会社では、エコノミーのお客様にファーストクラスへお移り願うことは滅多にいたしません。 
けれども、状況を考えますと、こんな方の隣にお客様がお座りになるということは、言語道断であると、機長が申しております」そして、彼女は、おもむろに黒人の紳士の方に向き直り、こう言った。 
「お客さま。というわけですので、もしよろしければ、どうかお手荷物をおまとめください。ファーストクラスにお席をご用意してお待ちしております」次の瞬間、
ずっとこのやりとりに心を痛めていた周りの乗客が、一斉に立ち上がり、
拍手喝采の音がそれに続いた。 
だが、黒人紳士は落ち着いた声で、こう制したという。
「お気遣いありがとう。しかし、私はこの席で結構だ。横に誰が座っていたところで、私の誇り高い皮膚の色が汚れてしまうとでもいうのかね」

 

180: ほんわか名無しさん 2006/07/07 19:55:53
>>179
うわぁー なんて気持ちの良い話なんだろうかぁ。
まだまだ肌の色の差別はなくならないんだね・・・。
>私の誇り高い皮膚の色が・・・かぁ
なんか胸が熱くなったお! すばらしい言葉だねぇ・・・。
その黒人の紳士殿・・・命のレベルがひと味違うね!
このグッドな振る舞いの航空会社にも敬礼っ!

183: ヒロト@期末試験中 ◆zBvvMGYmRg 2006/07/09 02:18:02
期末試験期間なのにパソコンから来ましたよーと。

>>179
その黒人のおじさんかっこいいなあ。
いくら差別されても自分の肌の色に誇りを持っているのがかっこいい。
マーシーも歌ってるけど、
「生まれたところや、皮膚や目の色でいったいこの僕の何がわかるというのだろう」
って一人一人が思えたら最高だよね。
「おれ白人、あいつ黄色人種、あいつは黒人、だからどーした」
こういう社会になってくれたら幸せです。

引用元: http://nozomi.2ch.net/test/read.cgi/honobono/1148988719/

1001:はなろぐがお送りします:: 2012/01/02(木) xx:xx:xx.xxID
【最低】嫁に「愛してる」って言ったら泣いて謝られた。嫁「実は…」
【致命的】上司が持病がある妻の薬を取り上げ、そのまま出張へ行ってしまった。→妻は発作で倒れてしまい…
最初にリップクリームにメントールを入れた人の神経がわからん!リップクリームに清涼感って要る?
【感謝】店長は馬鹿で、最年長のバイトリーダーはバイトをやめさせるプロだった。私だけは残ってたんだけど…
息子が好き過ぎて子離れできるか不安になり、逆マザコンなるものを調べてみた。そしたら…
イジメっ子の悪事をすべてバラして先生の前で泣かしてやった!!!
姑はアレルギーを「食べさせれば治る」と言い張る人で、お医者さんが説教してくれた。
ウチの職場は「DQN」の使い方が少し変わっている。
横領をして会社をクビになった先輩が私の経歴を使って就職活動をしていた…
旦那はコミュニケーションもとらず得意なこと以外は何もしないダメ人間。

このエントリーをはてなブックマークに追加