569: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/03(月) 15:55:43.46 ID:khg/DH+Q
06db2d779a1dcceb6184f41a8053f6ae_9113
学生時代。当時働いていたコンビニは、立ち読みできないようにすべての本をビニールに包んでいた 
以前頭のおかしいDQNがアイスを食べながらあぐらをかいて読んで、注意された店長を殴ったのがビニールに包む事の発端だった 
ただし中身の確認だけは受け付けていた(すでに持ってる本を間違えて買わないよう) 


ある日、レジをしているとヒゲをはやしたオタクっぽいオッサンがキン肉マンの最新刊をもってきて 
オッサンが「中身見せて」と言ってきた。 
俺は「中身の確認ですね、かしこまりました」と、中身を確認させた。 
その時から店内が混んできたのでレジに忙しかったのだが、10分ほど経過してもまだオッサン読んでる 
俺が「あの、中身の確認はお済みでしょうか」と聞くと 
オッサンは「まだ全部見終わってない」と頓珍漢な返答 
俺「立ち読みは禁止です。あくまで中身の確認だけは受け付けてますが」 
オッサン「あ?だから中身の確認してんだろ。今いいところなんだよ」 
俺「いや、ですから・・・誤って購入されることを防止する為に中身の確認を受けてます」 
ここでオッサンヒートアップして、「読ませないとは何事だ!最後まで読ませろ!」とキチガイみたいに絶叫 
店内混雑してたけど一斉に視線を集めるオッサン 
それもおかまいなしにオッサンの熱弁は続く 
オッサン「今まで立ち読みを妨害されたことは無いし禁止されたことはない」 
オッサン「俺はmixiやってるからこの店を終わらせる事くらい簡単だ」 
オッサン「俺には人脈もある。1店舗くらいつぶす事なんぞ軽い」 
これ冗談じゃなくて脚色もしてなくて原文こんなかんじ 
一通りオッサン怒鳴った後、「次からは気をつけろ」と捨て台詞を吐いて出て行った 
コンビニの客は変なのもよくいるけど、後にも先にもここまでのキチガイはこれっきりだった。 
ちなみにちょうど10年前。ずうずうしいとはちょっとジャンルが違うかもしれないが


 

570: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/03(月) 15:57:00.20 ID:khg/DH+Q
すみませんちゃんと数えてみたら9年前でした
ハハハ・・・

571: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/03(月) 16:08:37.58 ID:rF0BEIEY
>俺はmixiやってるから

ぶっwwwwwww

572: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/03(月) 16:12:17.92 ID:2j8xHoKW
その類いの話で9年前も10年前も関係ないだろ、
律儀な奴だなw

574: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/03(月) 16:27:24.12 ID:uK8M6gvP
>>572
ミクシが始まったのが丁度10年前の4月だから
その辺をしっかりしたかったんでしょ。

575: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/03(月) 18:18:27.74 ID:khg/DH+Q
>>574
mixi始まったのは2014年の2月ですね
この事件に遭遇したのが2005年の夏ごろでした
働き始めたのが2004年の今ごろからなので勤務開始がちょうど10年でしたわ

576: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/03(月) 18:19:17.55 ID:khg/DH+Q
>>575
×mixi始まったのは2014年の2月ですね
○mixi始まったのは2004年の2月ですね

色々とごめんなさい('A`)

577: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/03(月) 18:36:28.66 ID:aTL/e9CM
>>576
律儀すぎる、もっといい加減でいいんだよ

573: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/03(月) 16:15:33.91 ID:dLRFW39m
>オッサン「今まで立ち読みを妨害されたことは無いし禁止されたことはない」
立ち読みじゃねーかwww

引用元: http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1389432389/

1001:はなろぐがお送りします:: 2012/01/02(木) xx:xx:xx.xxID
【ヒドイ】服屋で物色してたら店員が近寄ってきた。店員「すみませんが、お客さまに合う洋服は当店にはございません」私(…え?)
25年ぶりに日本に帰国したら衝撃の連続だった…
【復讐】ずーっと追いかけているフリをしていたが、11年付き合った彼女をそろそろ捨ててやろうと思う。
【修羅場】私の旦那はスポーツ選手。→親友A子が私のフリして旦那自慢のブログをやっていた。A子「旦那さんも私のことが好きなの!別れろ!」
営業途中に自宅に帰ってたら、会社から電話かかってきた。出たら「お風呂が沸きました」ってアナウンス流れてサボりがばれたんだが…
嫁が酔った勢いで「父の借金であなたに売られた。本当は恋愛したかった」と泣き出し…
親友が受験に失敗してカルト宗教にハマり、説得したが聞いてもらえず悲惨な運命をたどってしまった。
子供の頃、神社にイタズラで置いた石ころが今になってパワーストーンと拝まれていた…!!!
妊娠しづらい病気の私が授かった事を友人に話していたら知らないおばさんが背後から…
父に言われ高校、大学では友達をたくさん作ろうとした結果。

このエントリーをはてなブックマークに追加