527 :素敵な旦那様 :sage :2006/06/30(金) 19:50:29
感動とか言うよりも、
i320

未だに思い出す度に 
後悔の気持ちでいっぱいになって自分自身が泣けてくる話を一つ…。 
多分と~っても長いです。 
長文苦手な方は読み飛ばしてくださいね。 

私がまだ小学2年の頃、
継母が父の後妻として一緒に住むことになった。
特に苛められたとかそういうことはなかったんだけど、
なんだか馴染めなくて、
いつまで経っても「お母さん」と呼べないでいた。 
そんなぎくしゃくした関係だったけど、 
継母が私のために一生懸命だったことはよくわかってた。
小学校4年になった夏休み、
私は継母の提案で二人で川に遊びに行くことになった。
あんまり気が進まなかったけど、
断る理由もなく言われるままにしぶしぶついていった。
現地に着くやいなや、私は継母のことを放ったらかしで川に浸かって遊んだ。
しばらく水と戯れてた時、急に深みにはまって溺れて息が出来なくなった。
すごく苦しかった。
でもそのうち喉の奥が「クッ、クッ」と鳴ってだんだん苦しくなくなってきて、意識が飛んだ。
528 :素敵な旦那様 :sage :2006/06/30(金) 19:51:16
やばい、また涙が出てきた。
でも、今の自分を客観的に見るためにも頑張って続きを書きます。 あと1~2レス続きます。
26 :病弱名無しさん :02/09/04 20:32 ID:BAYtiWaJ
気が付くと、私は病院のベッドで寝ていた。
一時心臓が止まって危なかったんだよと涙ぐんだ父が言ってた。
ベッドの傍に、継母はいなかった。
私は父に「あの人は?」と訊いた。
父は一呼吸置いてゆっくりとした口調で教えてくれた。
私が溺れた時に継母が服のまま飛び込んで私を助けてくれ、
そのまま力尽きて下流まで流された。

その後救助されたものの、今も意識が戻らないのだ、と。
私は次の日に継母のいる病室に行った。
継母は機械に囲まれて、いっぱい管をつけられていた。
彼女は、そのまま我が家に戻ってくることなく…。
葬儀が終わって母の遺品を整理してたら、
鍵のついた日記が出てきた。

私は父と一緒になんとか鍵を探し当てて、日記を読んだ。
そこには私との関係に悩む継母の苦悩など
、私のことばかり書いてあった。
ずっと読み進めていくと最後のほうの日記に
「ちょっとはにかみ屋さんだけどとてもいい子。
あの子なら、命かけてでも守れる自身がある。
○○ちゃんを私に託してくれた△△(実母の名前)さん、
本当にありがとうございます。」 (~まだ続きます)
529 :素敵な旦那様 :sage :2006/06/30(金) 19:52:17
継母は、
あの日記を書いた数日後に命と引き換えに私を守ってくれた。
いつだってとても優しい目で私を見てくれていた。
いつも私の目線と同じ高さになるように中腰になって話し掛けてくれた。
そんな気持ちはちゃんと伝わってきてたのに
私はあの人に何一つしなかった。

愛情をもらいっぱなしでそれに答えなかった。
私は愛情どころかあの人の命まで奪ってしまった。
日記を読んではじめて、
私は「お母さん!」と大声で叫びながら、
声が出なくなるまでごめんね、ごめんね、と言って泣いた。
ぐしゃぐしゃになって泣いても、
後悔ばかりで気持ちは晴れなかった。

年月が過ぎても、
私は未だに「母」に対して申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
数十年経った今でも夏になるたびに思い出す。
(終わり)
1001:はなろぐがお送りします:: 2012/01/02(木) xx:xx:xx.xxID
目の前の私道を私物化してる、隣の自己中一家が借金まみれの因果応報。
家に帰ると、幼稚園ママが真赤な下着を身つけ、トランクスをかぶってベッドの上にいた 。 風呂で髪の毛撒き散らしてるのあなたでしょ?あなたが掃除しなさい!俺嫁だけか
子供連れの外食、子供の世話等で手一杯。嫁は常に冷めたご飯だ。これでいいのか。
「恥かしいからシーチキンご飯好きなんて外では言うな」と言った瞬間嫁がブチキレた。
【おかしい】妻がガスコンロに火を付けたまま保育園に子供を迎えに行く。俺「危ないだろ! 」妻「弱火にしてるのに?」俺が過剰なの?
【衝撃】友達と旅行してたら友達の両親に会った。友達 「えぇー!?何で来てるの!?」
【スカッ】職場の先輩がよくバカにしてきた。→私「先輩みたいな美人は、素敵なコスメ使っ てるんでしょうね」先輩「当たり前じゃな~い」→コイツ単純だと気付いた私は…
【イラッ】私「A男が好きなの」B子「あんなのと付き合うとか考えられないwでも応援する」 →数カ月後、B子「A男に告白された。私が付き合ってもいい?」
【怖っ】マンションで1人暮らししてて、鍵を掛けずに学校に行った。→帰宅すると鍵が掛かっ てて、中にはいると違和感が…

このエントリーをはてなブックマークに追加